top of page

【正中心練磨の応用編】下記のことを留意しないでやっていると身体の周りに硬い鎧のような感じになってしまって、気分もあまり良くなかったです。

  1. 正中心練磨の応用編で扱うエネルギーは、7カ月目の“発勁”で習得した純真無垢の無色透明のエネルギーを意識すれば良いと言うこと。

  2. 各細胞からの発散は無数の細胞ひとつひとつからの発勁で四方八方に無限に飛んでいく感覚(進行形)



これらを意識したら、清々しく気分も良くなりました。


やはり全然、違いますね。

閲覧数:59回

Komentar


bottom of page