top of page

【足裏から指先のエネルギーの流れを意識する】一般的な気功「小周天」のように足裏から背面を通り百会に達し、そこから体の前面を下ろしていく、という手順は必要無いと考えて宜しいのでしょうか。

はい、その通りです。


武術で使おうと思ったら(当プログラムでも同様の考え方です)、変幻自在に気の流れ、エネルギーの流れを変えられなければなりません。


武術=日常生活です。


変幻自在に意念を操作できるようになれば、「小周天」さらには「大周天」も瞬時に出来るようになります。当プログラムでは、「大周天」は神(しん)が近いです。


意念、イメージの世界は、物質に制約されないので、自分がどう思うかで即座に変わってしまう世界です。


ある意味、小周天はこう回さなければいけない…と言うのも誰かに制約されてしまったとも言えます。


閲覧数:57回
bottom of page