top of page

エネルギーの回路(一歩通行or循環)の理解がしたい

3次元の肉体だけではなく、深い次元の空間にも影響を与えて同時に波を作る感じです。

正中心練磨の段階の難しい表現になりますが、意念によって偏在のエネルギーを導く所から始めます。

3次元の何処か?では無いです。現状、正中心練磨の段階の人達(武芸塾)はその様に行っています。


偏在のエネルギーが形になり同調作用の原理のエネルギーになり、終わると、また偏在のエネルギーに戻る。


過去の偉人や哲学者が似たようなことを言ってますが同様の考え方ですし、その様に体感しています。

閲覧数:26回
bottom of page