top of page

上昇する流れをイメージできました。背中から頭部を経由して空中への流れは感じられましたが、腰腹部から下の背中側は、今ひとつ感じられませんでした。

クンダリーニですね。


居ついていないことは勿論、骨盤、背骨と肋骨の接合部、背骨など背中側も背骨を中心として左右に開くことが、上昇エネルギーを生じさせるポイントです。

閲覧数:45回

最新記事

すべて表示

プラスの振動波は体感できるものですか?

5感(聴覚、触覚、味覚、視覚、嗅覚)ではない器官で感じようとしていると分かる様になります。 第6感とも言える感覚を練功で磨いてきましたよね。 意識体分離 分身の術 亜空間を作る エネルギーの流れ など・・・ これら全て5感以外の感覚器官を磨くべく練功してきた様なものでもあります。

コメント


bottom of page