top of page

中庸・均等に近づくと開合功のように体の中心線がフワッと開くのですが、手の感覚が胴体にも波及するのでしょうか?

左右のアンバランスが消えるということは、左右の中庸・均等がより正確に出来る様になっている証ですが、それは結果的に、左右を分け隔てる、頭~足裏までの中心線が現れることになります。


(股~足裏までは、身体の外に中心線が存在します)


中庸・均等によって生まれた中心線ですから、居ついていません。


なので、フワッと開くように感じるのでしょう。


大抵は、中心線を感じられたとしても居ついているので、今回のような感覚にはならないでしょう。


手の感覚は胴体にも波及しますよ。

閲覧数:26回
bottom of page