top of page

亜空間/中庸は、遍在するエネルギーの門となるものでしょうか? 静的な世界で動的アプローチの取っ掛かりが掴めません

その通りです。


扉が開き、深い次元・無段階別次元へ簡単に短期間で移行できるようになります。


そして行き着く先が、遍在のエネルギーです。


静的なもの、合ってます。


故に通常では気付けないこと見えないことが分かるようになります。


長年、練功を積んだ人は、静的な世界で生きています。


今までのような感覚で、動的なものを得ようとすると、アプローチの仕方がちょっと違います。


先ずは、その世界からの気づきを、練功や成長の糧にしてみて下さい。

閲覧数:72回

Comments


bottom of page