top of page

円転無窮の境地に関して、全て行うとけっこう時間が掛かってしまいます。その日によって省略しても構わないでしょうか?それとも全部やったほうが良いでしょうか。

省略しても大丈夫です。


円転無窮の感覚を得たら(確実に全身にパッと再現できる様になったら)、後は、たまにやりたくなった時だけでも大丈夫です。


ポイントは、角の無い感覚を得るために行うものなので、角があると、ぶつかりますよね。ぶつかると言うことは、居ついていることになります。


円転無窮の境地も、居つきを解除するために行う練功法です。

閲覧数:22回
bottom of page