top of page

化勁と深層部細胞の覚醒、練功法としては相互に補うものでしょうか?

相互に補うのは全ての技術に言えることです。


  • 初心者は、化勁は肉体の浅い部分しかできないが、上級者は深層部細胞まで繊細に化勁ができる。

  • 腰腹同量メソッドも同様で、初心者は皮膚表面を膨張させようとするが、上級者は骨の髄から繊細に膨張させる。

ですから、この様な事例を知れば、シンプルになると思います。

閲覧数:38回
bottom of page