top of page

化勁の練功について、先生の場合は必要に応じてその都度練習されていたのでしょうか?それとも時間を決めて実践しておられましたか?

化勁の練功は、初期の頃のみです。

後は、武術の稽古の時にやっていた位です。


例えば、全身膨張。


これは何時でも必須なので、全身を中庸・均等に膨張させる練功を常日頃やっています。と言うことは、全身の各細胞を操作する、練功は行っていると。


全身膨張では無く、化勁に置きかえれば、良いだけになります。


化勁の練功をしていなくても、全身膨張で全身の各細胞の繊細さを磨いているので、化勁の精度も上がっているんです。


円転無窮でも全身発勁でも同様です。

閲覧数:49回
bottom of page