top of page

化勁体質について教えて下さい、それと化勁は稽古のどの部分に組み込めばいいのでしょうか?

化勁体質の人には非常に効きにくくなります。勁力、意念、イメージの力を無効化されてしまいます。


何かしらの技を働きかけたとして、相手が化勁体質の場合、上手く作用しません。そして、自分が上手く出来ていないのかな?と勘違いしてしまう程です。


化勁の概念を知っている人であれば、化勁体質を考慮することができるので、焦る必要は無くなります。


腰腹同量メソッドや昇降練気が出来ないより、出来た方が効きにくくても、まだマシです。効く確率はグンと上がります。


化勁体質とは言え、練功して繊細丁寧に出来ている訳では無いので、居ついている箇所も所々あります。なので、良く練れて圧倒的差があると効きます。


化勁を組み込む場合、腰腹同量メソッドの姿勢を決めたまま化勁がお勧めです。

閲覧数:31回

最新記事

すべて表示

プラスの振動波は体感できるものですか?

5感(聴覚、触覚、味覚、視覚、嗅覚)ではない器官で感じようとしていると分かる様になります。 第6感とも言える感覚を練功で磨いてきましたよね。 意識体分離 分身の術 亜空間を作る エネルギーの流れ など・・・ これら全て5感以外の感覚器官を磨くべく練功してきた様なものでもあります。

Comments


bottom of page