top of page

化勁時の「独特の気」は何でしょうか?

溶かす消す、はそれらの物は何処に行ったのでしょう?


正中心練磨を行うと、それらの物は遍在のエネルギーに戻ると知覚できます。何となく感じる訳です。


そこを感じるには、身体が変化しなければ感知できません。


ダイレクトに練功するのは正中心練磨からですが、1か月目から正確に行えていれば、その姿勢に近くなります。実は・・・


なので、それらの物(溶かす消す)が遍在のエネルギーに戻ることを朧気ながら知覚している可能性があります。


独特の空間を作り出しているから知覚できると訳で、それは中庸・均等によって生み出されます。


なので「独特の気」を感じられるのであれば、正常に化勁できていると見て良いと思います。

閲覧数:26回

Σχόλια


bottom of page