top of page

同調作用の原理(波)や昇降練気は、同じ時間、練功するとして、ゆっくり行った方が良いのか? 素早く回数をこなした方が良いのか? どちらでしょうか?

同調作用の原理(波)は、その時々で、ゆっくりじっくり丁寧にやる時もあれば、早い動きで行う時もあり、両方です。



この動画の様に、早い動きで同調作用の原理(波)を行わなければならない時があります。そもそも発勁は、同調作用の原理(波)を素早く行ったものですので。


なので、ゆっくりやって精度をあげて、早い動きにも対応できるようにも練習します。


昇降練気の手の上げ下げは、ゆっくりじっくりだけで大丈夫です。


日常の実践では、瞬時に気の密度の強弱をコントロールしなければなりませんが、こちらは、同調作用の原理(波)と違い、目に見える身体の動きは無く(実際には細胞は変化している)、意識のみです。


なので、瞬時のコントロールは意識のブロックが解除されていれば(昇降練気で気の密度の強弱と居つき解除が該当)問題無くできる筈です。


閲覧数:23回
bottom of page