top of page

強い意念を使って発勁したと仰いましたが、その際でも身体は、居ついてないのですか? 強い念力の際、居ついたり、力んだり、頭が痛くなったり、まだまだ、練功が足りないと言うことでしょうか?

強い意念を使って発勁しても、身体は居つきません。

練功&実践を繰り返して、上手く行ったり失敗したりしながら、居つかない感覚の調節が出来る様になりました。


強い念力の際、居ついたり(力んだり)、頭が痛くなったり・・・

これは、練功&実践(日常生活に於いて)が足りないと言うことです。


先日のライブ配信で、マイナスの気を視聴者に出しました。そこで気分が悪くなって終了ではダメなんです。


そこで負けずに変換できる気の強さ、負けん気の強さが必要です。その練習になるので、お勧めです。後半からやってます。



環境に翻弄されるのでは無く、自分が環境を動かす気構えを持つことも大切です。


実際、正中心練磨の段階になると、行うことですから。


少しづつの継続は力なりです!


閲覧数:40回

Kommentare


bottom of page