top of page

横隔膜について これまで上下する操作しか意識していなかったので、横隔膜も "のびのびと拡げつつ" 腹を膨らませるという状態がよく分かりません

肥田式の場合、ウンと力を籠めると言う表現が出てきますが、一般的な捉え方だと

「力む、居つく、エネルギーの流れが滞っている」状態になってしまいます。


それを防ぐために、のびのびと拡げつつと言う様な表現をしています。横隔膜を

「フワッと、伸び伸びと、柔らかく」圧下させて、腰腹同量+上下も同量に持って行きます。そして腰腹間の中庸・均等を作り出します。


「力む、居つく、エネルギーの流れが滞っている」状態で圧下させても腰腹間の中庸・均等は作り出せません。


横隔膜を上下すると言っても、力んで居ついての上下するもありますし、居つかずに柔らかく伸び伸びとする上下するもあるんです。

閲覧数:33回
bottom of page