top of page

武術で技を掛ける時、実生活で術を使う時に心掛けるべきこと

相手を尊敬したり、敬ったりすると術は効きません。

絶対的に、術をかける方が上です。

例えば、誰かに身体を乗っ取られていると感じる場合。


あなたの身体は、あなたの意識体が使用すべきであって、他の存在が使用するものではありません。


なので、あなたが絶対的に上です。



武術は完ぺきでは無いので、技が効かない時もあります。


だからと言って下になる必要はありません。


同じような力で対抗されれば効きませんから。


問題は、効かなかった時に、落ち込んだり否定したり・・・


こうなると相手方の思うつぼです。


なので、効かなくても、こちらの立場が上、を変えません。



他の存在に乗っ取られている・・・


それは、あなたが支配すべきものです。


恐れれば(居つき、エネルギーの滞りです)あなたが支配される側になります。

閲覧数:40回
bottom of page