top of page

細胞が居つかなくなったら、全然ヤル気がなくなった、ヤル気が起きない、と言う話があったと思います。昨日から急にそんなに状態になりました…。

更新日:2021年10月27日

細かく分析すると、自分の気持ちを各細胞にぶつけてヤル気を出していた。居つきが無くなると気持ちのぶつかり所が消え、受け止めてくれるものが無くなるので、気持ちの方も、もう出しても意味ないなぁとなって消極的になってしまう。


なので、気持ちは偏在の力や全ての源(自分では無い力)へ向けると。偏在の力が変化し思考したものが形作られる、と昔から哲学者が述べていますよね。


すると、よく分からないけど、何故だか分からないけど…腹の底から湧き上がるヤル気が出る!行動!となると思います。


文章で纏めてみて気が付きましたが、気持ちを自分の細胞にぶつけてやる気を出して頑張っている人と、偏在の力に働きかけ大自然の力を利用して行動する人では、その後、全く違うでしょうね。

閲覧数:34回

Comments


bottom of page