top of page

練功後は丹田に気を収めるようないわゆる収功は必要ないでしょうか? 昔習っていた気功では偏差とかを防ぐために必ず行っていたような記憶がありますが、一方でこちらの練功ではあまり言われていないような・・・

一般的にその様に言われてますよね。


でもこの昇降練気は 収功しません。それで偏差が出たことも無いです。


恐らく、腰腹同量メソッドで中庸・均等を目指すので頭や上部に偏ることが無いせいだと思います。


もし偏差が出ているならば、 腰腹同量メソッド、全身の中庸・均等を心がけてみて下さい。

閲覧数:36回

最新記事

すべて表示

プラスの振動波は体感できるものですか?

5感(聴覚、触覚、味覚、視覚、嗅覚)ではない器官で感じようとしていると分かる様になります。 第6感とも言える感覚を練功で磨いてきましたよね。 意識体分離 分身の術 亜空間を作る エネルギーの流れ など・・・ これら全て5感以外の感覚器官を磨くべく練功してきた様なものでもあります。

Comments


bottom of page