top of page

腰復同量メソッド→開合功→昇降練気→洗髄経の順番で練功しています。最後は動画で見た「横隔膜圧下」で仕上げとしています。この順番で宜しいでしょうか?

洗髄経、骨の髄から腰復同量メソッドと同時に横隔膜圧下→開合功→昇降練気


この様にセットで腰腹同量メソッドを行って下さい。


慣れると、腰腹同量メソッドの姿勢を決めただけで、昇降練気、気の密度が濃い状態にも瞬時に変化できるようになります。


横隔膜圧下の効果・やり方はコチラ

閲覧数:58回

Comments


bottom of page